たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

メコン川1泊2日 スローボートの旅

メコン川1泊2日のスローボードの旅は凄く印象に残ってる。

ただ、船の上で揺られながら2日間ボートの上でぼ~っとしてるだけ。

スローボード乗り場でチケットを購入。

 

スローボートは頻繁にでていないので、のれない事もあります。

私は乗れず、元東大教授のキミさんとの出会いがあったりしましたね。

http://ponsan.hateblo.jp/entry/20130308/1362750247

 

無事チケットを購入したら、船へ。

f:id:ponsan:20130306134519j:plain

 パークベンまで110.000kip

ルアンパバーンまで220.000kip

f:id:ponsan:20130308120948j:plain

欧米人であふれるスローボード。

f:id:ponsan:20130307160817j:plain

エンジン丸出し!!笑

凄くうるさく、話声が聞こえない。f:id:ponsan:20130307175645j:plain

船から見える景色をぼーっと眺めながら、

考え事をする。f:id:ponsan:20130307175709j:plain

様々な民族が住んでいるようです。f:id:ponsan:20130307175905j:plain

f:id:ponsan:20130307203558j:plainパクベンで宿泊し、朝から出発。

f:id:ponsan:20130307202325j:plain同じ人間という生き物の中で、自己の利益のために地位や名誉や権力や金を求め争う世界。世界が欲で溢れ、戦争が起きていても、自分はこんなものを追うほど惨めで卑しい生き方はしたくない。

f:id:ponsan:20130308123648j:plain音楽を爆音できいているのか、のりのりで歌いながら外をずっと眺めている女性。自由だ。彼女は自由である。

f:id:ponsan:20130308142931j:plainぼくたちが知らない世界が存在し、知らない人間が住んでいる。

ボートにゆられて考える。

生きるとは?死ぬとは?自由とは?一体何なんだ?

哲学書を読んだって、答えなんてでない。

 

そんな訳のわからないことをボートに乗ってて2日間考えていたなぁ。

上膳は水の如し。水のように流るるように生きる。

水は自分の人生を主張せず、低い方へ自然に流れる。

人間の欲望は果てしなく大きくなるのが特徴。これでよいという満足の境地には中々たてない。不思議なもので欲を満たせば、また次の欲がでてくる。

水の流れに任せ、自然の摂理に従い生きる人生をしている人はいるだろうか。

受動的で積極的に動かない人生。それこそが私の人生?

自分の人生に合う生き方なのかな・・。

f:id:ponsan:20130308123733j:plainボートに揺られて過ごした2日間は、長いようで短かった。

結局、答えなんてでない。いつだって出ないんだけどね。

それでも時間が過ぎていき、歳をとり、何年後かには死んでしまう。

f:id:ponsan:20130308172449j:plain生理的欲求を満たすことができ、美しい景色をみて、様々な国と人を見ることができることはこの上ない幸せである。

だから私は、旅というのが生きるモチベーションでもあり、最大の幸せの瞬間。

死ぬまで旅したい。

まだ見たことのない世界を追い続けるワクワク。予期せぬ人との出会い、食との出会い。何秒後に何が起こるかわからない、想像もできない世界が待ち受けている。

 

それが私が旅に出る理由なのかもしれない。

 

f:id:ponsan:20130308172042j:plain

広告を非表示にする