たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

ガイヤの夜明け たった一人の家電メーカー

今日も楽しみなガイヤの夜明けが。

今日は、『たった一人の家電メーカー』というもの。

 

置くだけで充電できる充電器を作ろうとしていた。

充電器側のコイルとスマートフォン側のコイルをあわせることで充電ができるそう。

ただ、大手もすでに商品化をしている中で、どう戦うのか・・・。

 

 

大手の製品がいくつかあるが、

コンパクトで薄型のものがない。

そこで対応したいと自信を持つ、八木さん。

 

なんと!家具メーカー。木工家具の老舗メーカに尋ね

木を使った充電器を作ろうと考えていた。

家電は、プラスチックなどの石油素材を使うのがほとんど。。

日本で余っている『木』に着目したという。

木は強度に問題があり、この会社の持つ技術に目をつけていた。

 

木を機材にいれ、圧力をかけると、

プレスされた木は強度が4倍になると言う。

設計図を持参し、それをみると木の厚さにこだわっていた。

なので、この機材で木をつぶし薄くするのと同時に強度を高める。

一番薄くなる部分が2ミリ以下にしなければならないというのだ。

その話を聞き、家具ではありえない話で頭をかかえる老舗家電メーカー。

 

 

数日後工場では、頭を抱えていた老舗家電メーカーの藤井さんが作業に取り掛かっていた。

八木さんの設計図をみて、慎重に計りながら作業を進める。

そして、2ミリ以下にようやく削り出すことができた。

が、形が複雑で難しいため、欠けてしまう・・・。

 

しかし、職人魂に火がついたという。

さらにもう1つの技術。

最新型で最も薄い台湾製の基盤。

そして、揃った材料で1つ1つ自分で組み立てる。

わずか5分で完成。電源をつないでおそるおそるスマートフォンを置くと・・・

木製の充電ができたのだ!!!

その瞬間、僕も感動してしまった。

f:id:ponsan:20121023225854j:plain

構想から1カ月。

一人メーカーの八木さんは、

近い将来、世界に発信できるような製品がつくっていきたいという。

そして、それを世界に発信していきたいと言う。

この一人の部屋からどこにもないヒット商品が生まれようとしている。

ふたたび、日本のものづくりが活気を持ち、

オリジナリティあふれる小さなベンチャー企業がはばたくのか!!

モノづくりっていいなぁ・・・。わくわくする。

 

こうやって自分のイメージしたものを

商品化できたら面白いだろうなぁ。

 

八木さんが作るLEDスタンドライトビーサイズ株式会社 ※代表:八木啓太さん
ホームページ: http://www.bsize.com/
商品名:「LEDデスクライト STROK」