読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

海の砂浜に足がやられた。サンダルは必須

久しぶり(3年ぶりくらい)に海にいってきました。

私の友人が神奈川県に住んでおり、

江ノ島付近が海として有名なところであった為、車で行ってきました。

f:id:ponsan:20140507230447j:plain

※この写真は江ノ島ではありません。友人から送られてきた写真。

夏の海は非常に人が多く、暑い。

日陰のスポットを見つけては、寝転んでいました。

小腹が空いたので、ご飯やかき氷が販売されている屋台に向かっていたのですが、サンダルを履かずに生足で行くと、砂浜が異常に熱く、立っていられるような状況ではなかった。

生足で中間地点まで来てしまったので困ったものだ。

我慢して日陰地帯(水に濡れてる砂浜)に戻る。

あつい!あつい!あつい!とかいいながら、他人のブルーシートやら、パラソルの日陰をお借りながら戻りました。お恥ずかしい。

夏の砂浜は想像以上にあつい・・。サンダルが必須ですね。私みたいに忘れないように。

 

しかし、夏の砂浜と海水でなんでこんなに温度差があるのかな〜?とおもって調べてみると、

砂浜は主に小さく砕けた石で構成されていて、石は熱を吸収すると放熱しにくく、

どんどん熱くなる一方であるため、日中は加熱される。

海水は熱を吸収すると蒸発する。その為、海面では蒸発して熱を逃しているようです。

砂浜の表面温度は70度を越すこともあるとか。

皆さんも夏の暑さには気をつけましょう。