たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

股間が切り取られるところから始まる、狂った映画をみてきた。メビウス。

今日もやることないな。と思っていた。
そういえば株主優待の無料映画券があるから、映画をみに行ってみよう!
ということで、シネリーブル梅田に気軽な気持ちで足を運んでみた。
 
ちょうど上映中のR18指定で「メビウス」という映画があったので、これを観ることに決めた。
f:id:ponsan:20141214011903j:plain
キム・ギドク監督の作品だった!!!
この監督、好きだ。
嘆きのピエタとかいいよね。
 
※これ以降、R18指定の表現がある為、気をつけて下さい。
 
 
 
いいですか?
 
 
観た結果、超ぶっ飛んでる!!!
この一言に尽きる。
 
まず、台詞が一言も無い
ものすごい説得力でシンプル。
 
そして、
狂った家族
夫の浮気を知った妻は、性器を切り取ろうとする。
息子の性器が刈り取られてから始まる!!!
あり得ない!
息子の息子が・・・・。
 
全体を通して痛い、痛すぎる映画!!!
でも癖になる!!!!
男性器にトリコじかけになった物語。
狂気、狂気、狂気ッッッ!!!!
 
メビウス映画の予告編動画をのせておく。 

気になった方は、私のように軽い気持ちで行くのではなく、

覚悟を決めてみに行く事をお勧めする。

特に男性は、痛い思いをするかもしれない。

私は、見終わった後、股間がむずむずした!笑