たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

中小企業の頑固社長

もうすぐ入社二年目になる私。

仕事に慣れたか?と問われると慣れてない。
仕事が楽しいか?と問われると楽しくない。

でも少しだけいいことがあったのでご報告。
私は、約120年続く老舗メーカーの営業職として勤務してます。
ものづくりは一つの製品をつくるのに色んな会社が関わっており、大企業から中小企業、更に家族経営のような会社まで多用です。
私は、その多様な会社を訪問し、モノづくりまで関わっています。

その中に特徴的な頑固社長がいます。
当初は言ってることもよくわからない上にでてくる言葉が文句ばかり。
こんなところ訪問する意味があるのかな?と疑問を抱きながら、社長の文句やクレーム対応をしていました。

少しずつわかってきたことは、社長は困っているから私に相談しているのであって、文句やクレームこそ耳を傾けるべきだと考えるようになりました。

社長と付き合って、もうすぐ一年。
要望に対して、迅速にやれることをやろうと努力し結果がでたらすぐさま社長に報告するうちに社長の態度が変わった。

文句ばかり、怒ってばかりの訳が分からない社長が私に対して冗談を交えて話しをしてくれたり、笑うようになりました。そのうちに社長の出身から趣味、家族構成と知るようになります。

会社では勝手に行動すれば怒られ、
お客様のクレームや自分がやりたいことを上司に報告すると反発されることが度々。やる意味あんのか?というなぜなぜ攻撃。それをやって売上に結びつくのか?という結果に結びつかなければやる意味ないという攻撃。

そんな上司による攻撃と社長の攻撃に耐えながらも前に進むしかない。
そうやってきてもうすぐ1年。


今まであなたのように対応をしてくれる人がいなかった。という言葉を社長がもらしたのだ。

上司に認められるよりも、お客様に認められた感じがして、正直嬉しかった。
仕事はつまらないし、5時起きの出勤と混み混みの電車は本当に憂鬱だけど、問題を解決して解決して解決して出来上がった製品をみると嬉しいし、お客様の嬉しい顔をみるともっと嬉しい。

もしかしたら、これがやりがいなのかな?と考える入社1年目の私です。
入社して3日で辞めようと思い、ここまで続いてるのは自分でもよくわかりません。いつの間にか会社で表彰されてるけど、不必要な物事はばさばさ切って定時あがりで特に何もしてないのに。

反発ばかりで、いつ捨てられるかわからん私。
辞めなさいと言われたら辞めるし、辞めた時は辞めた時で会社でも始めるか。という気分で続けてきた会社勤務。

みんなどういう気持ちで長きに渡って会社勤めをしてるんだろう??


広告を非表示にする