読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

人の役に立ちたい!第2の人生。

今日のガイヤの夜明けは、

「第2の人生をどう過ごすか。人の役に立つ仕事をしよう。」

「無医村へ・・・」若き日の夢を追う医師の笹井さん。

f:id:ponsan:20140211222034j:plain

f:id:ponsan:20140211222004j:plain

待合室は大勢の人が。交流の場にもなっている。

笹井さんは、たった一人の医師だ。

学生時代の夢を実現させるため、52歳の時に医師に戻る決断をしたという笹井さん。

f:id:ponsan:20140211222754j:plain

田子診療所。

f:id:ponsan:20140211222851j:plain

午前中の診療を終えると、往診にも出かける。

妻は父のフォローをするだけでなく、助産師としても活躍している。

ここに来なければ助産師をやっていなかったので、すごく感謝をしているという言葉が。

f:id:ponsan:20140211222927j:plain

84歳の起業家 東京信友という起業の社長、斎藤さん。

聴覚障害者用、室内信号装置シルウォッチを開発。

f:id:ponsan:20140211225149j:plain

感謝の手紙が殺到し、人生がポジティブに変化したと語る。

f:id:ponsan:20140211223908j:plain

シルウォッチとは、聴覚障害をもった人の生活の一部になる製品だ。玄関に訪問した際やお風呂が沸いた時など振動と文字で伝える。腕時計になっているので肌身離さず持っており、すぐにわかる。

f:id:ponsan:20140211225138j:plain

 世の中のためになることを優先し、様々な商品を今でも開発している斎藤さん。

f:id:ponsan:20140211225124j:plain

 55歳以上の起業理由がなんと、

収入を増やしたいが5位であるから驚きだ。

世のため、人のために何かをやりたいと考える人が多いことがわかる。素晴らしい!!

f:id:ponsan:20140211225729j:plain

今日も素敵な内容でした。

高齢者の方々から学ぶべきことは本当に多いですね。

私も歳をとっても、誰かのために活躍できるような人でありたいです。

広告を非表示にする