たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

うつ病防止 4つのS

うつ病防止のための4つの話が凄くためになったので、記しておこうと思う。

うつ病は、今までずっと心の病だろうとおもっていたけれど、そうではないらしい。

【脳の病気】だそうだ。

精神的ストレスとは関係なく、うつ病を発症することもあるのだ。

例えば、腫瘍の手術を行い、退院後にうつ病になってしまうケースがある。

風邪をひいたような微熱が半年続き、体がだるく、何をするにもやる気が起きない症状が起きた。そして、心療内科でうつ病と判断されたのだ。

 

なぜうつ病になったのか・・・?

f:id:ponsan:20130513214804j:plain

(フィンセント・ファン・ゴッホの悲しむ老人)画像:wikiより引用

 

肉体的ストレス、つまり肉体のどこかが傷ついたことが原因である。

脳と体はつながっているのだ。

うつ病を治すうえで大事なことは、焦って早く治そうとしない事。

治るには時間がかかると思うことが大事なのだ。

 

しかし、うつ病にかからないことが一番望ましい。

そこで、うつ防止で大事な4つがある。

それは、【食事、睡眠、生活のリズム、スイッチ】

①食事

食事では、朝ご飯をしっかり食べて、

たんぱく質、ビタミンB群、鉄

をとることが大事。

例えば、肉(赤身)、レバー、マグロ(赤身)、カツオ、ウナギ、玉子などである。

朝起きられない理由の一つとして、鉄分の不足があるそうだ。

②睡眠

活動するホルモンは、夜寝てる間に作られるため、

睡眠は重要だ。

精神的ストレスとは関係なく、うつ病を発症することもあるのだ。

腫瘍の手術の例のように肉体的ケースなどがある。

③生活のリズム

規則正しい生活が必要。

リズムで分泌を整えるため、規則正しい生活を行うのが望ましい。

朝、同じ時間に起きて朝日をあびて、朝ご飯を食べる。

そして、夜は同じ時間に就寝する。

リズムを揃えることで自律神経を安定させることが大事なのだ。

④スイッチ

仕事と休養の切り替えも大事だ。

ただぼっ~っと休日を過ごすのではなく、全く別の事をする。

例えば、釣りが好きなら釣りをする。

ゴルフが好きならゴルフをする。

仕事で解決できない事は、一度忘れて、できないんだから考えないようにする。

ちゃらんぽらんに生きよう。

仕事では、逆境を楽しんじゃえばいい。

そういう気持ちを持って取り組むことが大事だ。

 

基本的なことだけど、この4つのSを心がけるとうつ病防止になるようだ◎

健康でいることが何より幸せ。

健康でいることは、仕事より大事なことだけど疎かにしがち。

明日も元気に生活するためにガンバロー!

広告を非表示にする