読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

ガイヤの夜明け 人気外食チェーン

今回のガイヤの夜明けは、人気外食チェーン 価格攻防の裏側。

多くの回転寿司屋では、100円寿司が普通になっている。

『あきんどスシロー』では、ちょっと高級路線の189円。

安くて、おいしい寿司を提供している。

【わけあり】北方四島産生ばふんうに 100g×2

【わけあり】北方四島産生ばふんうに 100g×2

中には、絶品のウニ料理がある。

社長の一声で、

189円寿司のラインナップが13品できた。

全て合格したが、アワビが見つからなかった。

 

そこで韓国へ向かった豊崎社長。

韓国では、日本の4倍である年間5500トンのアワビを養殖している。

品質は日本のものに引けをとらないが、3割ほど安い。

1店舗のレベルでは安くならないが、数百店舗のレベルだと安くなる。

 

ららぽーと柏の葉店に1号店を構えた。

社長自身で、寿司のネタを食べてみた時にアワビをおいしくないと感じた。

アワビの切り方を変え、肝をつけた。

売れないと意味がないと強く主張する。

オープン初日の売り上げは約120万円だった。

 

いいネタを使い、満足してもらう。それを追求できれば面白い。

都会にも進出していく予定だそうだ。

 

 

 

ガスト、サイゼリアなどランチ500円以下の店がひしめく中で、

早く安くだけでなく、きちっとした料理を出していきたいと考える店があった。

その人気ファミレスは、『ロイヤルホスト』

主婦や年配の方でお店は溢れている。

 

宮崎社長は、レストランの位置づけをきちんとし、コックを大事にしなければならないと語る。

外食王の飢え

外食王の飢え

ロイヤルホストとすかいぐるーぷの創業話をしたものを小説化したものが、城山三郎さんの『外食王の飢え』という本だそうだ。

 

本場のアメリカビーフのおいしさを伝えたいという想いがあるが、アンガス牛のステーキは、うまいけど高いと頭を抱える。

 

そこで、ステーキに残った部分をステーキ丼にしたのだ。

そうすることで、売り上げも順調。

おいしそうに食べてくれたのが一番嬉しかったと話す。

本物の味と食材。当然高いのもあるが価値を付け加えて、お客様に認めてもらえるような仕事をしたいと社長は語る。

広告を非表示にする