読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

ガイヤの夜明け ゴミから高級品を作る。

ゴミから生まれた人気ブランドのお話でした。

廃材からバックを生み出すモデコの水野さん。

 

MODECO(エコグッズ)

http://www.modeco-brand.com/

消防服を250着、1着10円で買い取り!!!

汚れた消防服を持って、地元のクリーニング屋さんへ行く。

ここでクリーニングして汚れを落とす。

値段は作業服扱い。10円で仕入れた服を上下で900円かけて洗う。

 

2日後消防服がクリーニングされて戻ってくるのだが・・・

たいていの汚れは落ちている。

 

そして、消防服を切り出す。

耐火性と防火性に優れ、しかも軽い。

洗った消防服を形に合わせ、パーツを切っていく。

試作品に要した時間は6時間。

f:id:ponsan:20130331110618j:plain

こうして消防服から作ったバックは、2万3100円。

 

水野さんは

素材にこだわらずに商品をデザインしていくのだ。

面白い商品をつくっていくことが僕らのこだわりという。

 

さらに、タダ同然で仕入れた床材を使用する。

ブランドを立ち上げる時に習い始めたミシンを使い、

フローリングの床材で作ったトートバック。

 

販売所初日で20個近いバックを販売。

僕がやらないといけない事は、常にかっこいものを生み出す。

と語った。

 

 

 

また、廃材から高級家具をつくる夫婦がいた。

 

工房エンジェル(廃材家具)

http://haizaikagu.com/

散歩で枝を集める。

木の中には、拾ったもの以外にも住宅の解体ででたものなど

無償で譲ってもらうものも多い。

制作開始から一週間して、桜のベンチが作成された。

 

妻は、専門学校で家具作り。

夫は、解体作業屋で働いた経験を生かし、新しいものを作りだす。

f:id:ponsan:20120207162944j:plain

永島さん夫婦の家具は、多くの客に愛されていた。

石巻市に訪れた永島さん夫婦。

津波で町の8割が全壊していた。。。

2年たった今でも、がれきが多くある。

 

その量に圧倒される。

その中から新たな家具を作り、展示用にしたいと語る。

そして、長島さん夫婦は木を愛していた。

 

木はやっぱり凄い。

傷が入っても、古くなっても、水につかっても

呼吸してんねん。

何よりも幸せをくれた。

廃材はゴミだけど、ゴミじゃない。

ゴミが人を喜ばすことができたんだから。

と夫婦は語る。

 

将来はこんな夫婦を目指したい。