たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

引越しのちょっといい話。

今週のお題「最近あった良いこと」

 

私には、もうすぐ付き合って4年の彼女がいます。

その彼女が、丸の内OLデビューを果たしたため、引越しをすることになりました。

 

 

そこで・・・

ねえ、引越し手伝って

 

と言われたので、急遽手伝うことに。

私の家から、住んでいるところまで約1時間半。千葉から東京まで、父の車(セレナ)をかりて行ってきました。

 

家に着くと・・・彼女の母がいました。

実家が長野ということもあり、

初めてお会いしました。

そして、、いつもと違った緊張感が私を襲う!!!

 

引っ越し作業は私、彼女、彼女の母の3人で行い、荷物は私が運転する車で運びます。

現在、住んでいるところから引越し先までは約30分。

 

 

基本的に荷物梱包を2人に任せ、その荷物を車に詰め込む作業を私がしていました。

引越しについては、ほぼ初心者。派遣のアルバイトで2度作業をしたことがある程度です。

 

私が今回の引っ越し作業体験を通して感じた、友人や自分の車を使って引越しをするときの心得を教えます。

 

ぽんさん流 引越し作業10の心得

  1. 大きい荷物から運ぶべし
  2. 段ボールとガムテープを用意し、素早く梱包
  3. いらないものは容赦なく捨てろ
  4. 余ったスペースに細かいものを入れろ
  5. 大事な書類は事前に整理しておけ
  6. 終了時間を決めて、スピーディーに動け
  7. 常に効率の良いやり方を考えながらやれ
  8. たまには休め
  9. 安全運転で荷物を落とすな
  10. 重たい荷物を無理して運ぶな

以上。

素人3人でも無事引越しできました。

 

参考までに、車はセレナを使用し、2往復して、4時間(往復移動30分×3=1時間30分、車から荷物を運ぶ30分×2=1時間、梱包作業1時間30分)くらいですかね。

梱包を全くしていない状態からのスタートだったのでけっこう時間がかかりました。

 

1人は家で梱包作業。2人は梱包したものを新しい引越し先に移動させる。と言う感じです。

なるべく男性は、パワーがあるので荷物を運ぶ作業をしたほうがいいでしょう。

 

 

長くなりましたが、

今週のお題「最近あった良いこと」があったので書きます。

 

引っ越し作業が終わり、

お昼・夕飯とごちそうになり、そのまま帰ろうとすると。

彼女から、「今日はお疲れ様。受け取って」と言われ、1万円札を渡されたのですが、私はもちろん受け取れません。だって、いつもお世話になっているから、手伝うのは当たり前だし、何かあったらこっちも頼むかもしれないからとっといてと伝えました。

 

彼女の母からも

引っ越し作業、本当に助かりました、ありがとうございます

と言われ、チョコレートを頂きました。

大戸屋で並んでいる時に抜け出して買ってきてくれたみたいです。

f:id:ponsan:20130209233734j:plain

おいしいご飯をいただいたし、色んなお話ができたから、

本当に手伝って良かった。

何よりも他人が困っている時に助けると自分も心の底から嬉しいと思える。

それこそが一番のプレゼント。

 

 

帰ってから、

チョコレートの入った袋を見てみると・・・

 

高そうなチョコレートに加えて何やら包が・・・。

 

包の中から、諭吉様が2枚入ってました。

これに驚きました・・・。

 

家に帰ってから、今日の出来事を報告し、車を借りた両親に「車を貸してくれて助かった」と伝え頂いた2万円を渡したのですが・・・

 

両親が

自分で大事にとっとけ、無事に帰ってきてよかった」と言われたことにまた驚きました。

驚きというより、嬉しさがこみ上げて何ともえいない気持ちに。

 

お金ではなくて、凄くあたたかくて素敵な心遣いをたくさん感じた1日でした。

 

小さなことでしたが、長文読んで頂きありがとうございます。。

広告を非表示にする