たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

フランス エクス・アン・プロヴァンス

前回の記事エズの続き。

http://ponsan.hateblo.jp/entry/20121223/1356232480

 

泉の町『エクス・アン・プロヴァンヌ』

エクス・エン・プロヴァンヌの町の名は、紀元前124年、ローマ時代の将軍セクスチウスが水(アクアエ・セクスチアエ)と呼んだことに由来する。

セクスチウスって早口で10回いうと、セックス中っすになっちゃうww

あ、またどうでもいい下ネタぶちこんじゃった///

んで、町にはローマ時代の遺跡はほとんど残っていないが、名前の由来となった泉は今も健在。

f:id:ponsan:20121123181127j:plain

一面焦げに覆われた温水が吹き出る噴水!!

全部で100以上もあるといわれる泉や噴水をみつけてみるのも楽しいかも。

f:id:ponsan:20121123180743j:plain

かつてプロヴァンス伯爵領の首都として栄えた町。

15世紀初めに大学ができ、高等法院がおかれ、プロヴァンス地方の学問の中心地になった。

セザンヌはエクスで生まれ、息を引き取った。

f:id:ponsan:20121123180813j:plain

ミラボー通りです。

f:id:ponsan:20121123181137j:plain

街並みが美しいですね。

f:id:ponsan:20121123181803j:plain

f:id:ponsan:20121123181659j:plain

ここでも朝市のような文化があるようです。

f:id:ponsan:20121123181825j:plain

f:id:ponsan:20121123181931j:plain

ここで一息ついています。

f:id:ponsan:20121123181955j:plain

お店の陳列が素敵。

f:id:ponsan:20121123182459j:plain

これをみた瞬間、インドを思い出した

f:id:ponsan:20121123182432j:plain

サン・ソヴール大聖堂です。

最も古い部分が2世紀に造られたとも言われています。

外観は地味な印象ですが、簡素で美しいです。

f:id:ponsan:20121123182713j:plain

f:id:ponsan:20121123182631j:plain

f:id:ponsan:20121123183109j:plain

心が落ち着きます。めをとじて・・・

f:id:ponsan:20121123200723j:plain

駅です。非常に大きい・・・。

f:id:ponsan:20121123185830j:plain

セザンヌのアトリエです。

セザンヌが晩年4年間を過ごし、死の直前まで制作を続けたアトリエが

旧市街の北の位置にするレ・ローヴの丘にあります。

f:id:ponsan:20121123184526j:plain

庭園に入ることはできますが、写真撮影はここまで。

中にはいったら撮影は禁止です。

大きな窓から柔らかな光が入る2階のアトリエ。

セザンヌの生前のままに保存されていて、テーブルの置物や食べ物など

ありとあらゆるものが描く対象だったようです。

f:id:ponsan:20121123185535j:plain

なんか、ちょっとお洒落に見えません?w