たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

会社訪問で大事なこと。

1日に3件のアポをとることができ、

一緒に上司と同行して頂いた。

 

何度か訪問を行くたびに会社案内などを行うが、

どうしても研修内容について深く話されても返答ができない。

 

その中できいてみた。

訪問の際に大事なことは何ですか?

 

それはな、funだ。そしてinteresting。

 

『funとinterestingですか。』

 

そう、答えはとてもシンプル。相手がその時間を有意義に過ごせたとおもってくれるように楽しませること。

 

なるほど・・・。funとinterestingの違いはありますか?

 

funというのは。とにかく笑顔で楽しそうに会社案内をする。会社の事が好きになること。商品に自信が持つこと。そして、何でも楽しく行う。interestingは中身をともなう楽しさを提供することだ。

 

『中身をともなう。ですか・・・』

 

そう。中身をともなうっていうのは、研修会社であれば、他の会社での研修をどうやって行ったか。とか相手が求める情報を教えてあげること。だから、これをいきなりはできない。経験談を中心に話しているから。最初はfun!とにかく挨拶から会社案内まで楽しまないと。それが一番大事だ。いわゆるノリだよ。

 

こんなにシンプルだなんて思わなかった。

しかし、シンプルだけに奥が深い。

振り返ってみると、人を楽しませるために努力したことが今までなかった。

初対面の人の笑顔を作り出すのは、むずかしそうだ・・・とにかく経験だ。

一緒に同行しているうちに盗めるものは盗もう。

 

そして、このあと偉い人同士の商談をみることができた。

2時間ほど話をしていたのだけれど、とにかくきいていて面白い。

会社案内とか商品内容を中心に話すのかなと思ったら、全然違かった。

始まりから、天気の話し、最近の話し。つまりアイスブレイクの時間を多く設ける。それがナチュラルに。

そのあとにようやく僕から会社案内を楽しくはじめようと途中までいったところで、また上司とお偉いさん(働いて37年目の方)が世間話を話し始める。

僕は隣で、メモをとりまくり、うなずきまくる。

話についていくことができないのだから、必死になるしかない。

 

2人のやり取りは相手の話をじっくり聞き、返答することがうまい。

相手が求めるモノをじっくりと考えながら、コミュニケーションをはかるその姿はかっこよかった!!

色んな知識をもっていて、引き出しがとにかく広い。

多くの裏話と自分の考えを伝える。『ここだけの話しですが・・・』とか『これは自分の考えなんですが・・・』とか。

 

意外と自分次第で、色んな方向にもっていくことができる自由な場なんだなとおもった。

自分次第だけに責任も自分にのしかかっていく世界だ。

 

営業ってのは思っていたよりも

面白い世界じゃないか。

広告を非表示にする