たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

ねぶた祭り

東北一周

さんさ踊り→竿燈祭り→ねぶた祭り。

秋田から青森にきました。

f:id:ponsan:20120805113445j:plain

 

駅がすでに・・ねぶた祭りであるw

 

f:id:ponsan:20120805115126j:plain

 

到着して、すぐにりんご(150円)を購入し

ベイブリッジの前でかぶりつく(ブログで顔初公開?)

facebookで知り合った、青森の友人が暇だったので合流。

 

彼は、小さい頃から太鼓名人としてねぶた祭りで毎年太鼓をたたいているのだ。クール!!!

 

f:id:ponsan:20120805122850j:plain

 

彼のおすすめのお店。のっけ丼

まさかの40分待ちww

1000円チケット買って、新鮮な海鮮をチケットと交換して、なんでものっけてOKというもの。

f:id:ponsan:20120805123740j:plain

一応説明があるけど。よくわからないよねw

 

f:id:ponsan:20120805123512j:plain

こんな感じ。一応ごはん大盛りにできる。

大盛りにしたら、大変だった。

f:id:ponsan:20120805125235j:plain

 

新鮮すぎて、おいしすぎて、死ぬかと思った。

こんなおいしい丼ぶり食べたことないわ

 

f:id:ponsan:20120805131938j:plain

 

食べ終わった後、会場をみにいくと

すでに場所取りがはじまっている。

ガムテープ合戦であるww

 

f:id:ponsan:20120805135035j:plain

太鼓名人が担当しているねぶたの前で記念撮影!

これが夜になるととっても綺麗!!

 

f:id:ponsan:20120805140723j:plain

職人さんが和紙で手作りで作る。

制作期間は長くなる。確か、1年はかかるそう。

 

f:id:ponsan:20120805152520j:plain

これ僕ですwwただのバカですね~w

友達はゆっくりみたいと言ってたのですが、

僕は現地の方とはねまくりたかったので4000円でレンタルしちゃいましたw

 

どやーーー!!!

 

f:id:ponsan:20120805161314j:plain

仲間を探しに旅に出る。いた~~!売り子ちゃん。

千葉県民なのに跳人の格好してたら色んな人と写真とってよ!とせがまれた。

5組以上と撮った気がするなw なんか嬉しい

 

f:id:ponsan:20120805171004j:plain

物凄く大きい太鼓。

重さが○トン!

 

f:id:ponsan:20120805184156j:plain

徐々に暗くなり、ねぶたも光、人々の興奮も高まる。

くるぞ、くるぞーーー!

 

f:id:ponsan:20120805201227j:plain

物凄いパワー。

光、輝くねぶた。

いまにも飛び出してきそうな。

ねぶた!!!

 

f:id:ponsan:20120805195209j:plain

 らっせーららっせーら!

人の中に混じり、

汗まみれになり、

片足ではねまくり、

声を枯らして限界まで叫び、

叫び声がでなくなり、

とにかく踊りまくり、

激しく!激しく!

外人とぶつかりあう!

子供とぶつかりあう!

 

f:id:ponsan:20120805194405j:plain

 自分から叫ぶ!叫ぶ!

発信源になる。

そうすると、皆がついてきてくれる。

らっせーららっせーら

 

f:id:ponsan:20120805201648j:plain

 

ねぶたをみて更に盛り上がる。

叫ぶ、踊る、叫ぶ、踊る。

笑う、踊る、叫ぶ、笑う。

ハネトが跳ねる、跳ねる、跳ねる。

 

それにつられて沿道の方も踊る、跳ねる。

汗にまみれて声を出す。

 

最高のよる。

汗まみれのよる。

人間が一体となったよる。

僕はこの日の夜を忘れることはないだろう。

それくらいに最高の夜だった。

ビールを飲まずにいられなかった。

ありがとう、ねぶた。

そして、宿まで送ってくれた太鼓の名人とお母さん。

りんごジュースと夕食を何も言わずに買ってくれたお母さん。

天使様にみえました。ありがとう・・ございます泣

 

f:id:ponsan:20120806075725j:plain

 

 

温泉宿、浅虫温泉。

 

最高、最高

広告を非表示にする