たびぽん

旅のぶろぐとおもろいこと。特にテーマはなく、書きたいことを書いてます。

何かを得ると言うことは、何かを捨てること

飲み会で友人と騒ぐという選択肢を捨て、

卒論で福岡に準備を行くための準備を行っていた。

 

ふと思うことは、何かを得ると言うことは、何かを捨てること。

忙しい人はたくさんの予定が入っているのだろう。

しかし、自分自身のカラダを2つ持っている人はいない。

分身できたらかっこいいけど。

予定がありすぎて、かぶってしまい、どうしようか悩むことがあるだろう。

そういう時は冷静に優先順位を見定める。

その際に意識することは、長期的な捉え方をすること。

長期的に考えて、どちらがいいのか。

単に楽しそう。という目線だけでなく、長期的に考えて価値のある方、重要なタスクはどっちなのだろうかということを考える。

 

ただ、効率の悪い自分は全ての事に対して無駄があるように思えてくる。

最終的な目標を決めてから、逆算して物事をすすめる癖をつけよう。

 

しかし人間は人間。

自分が楽しいとかんじたほうに行き、つらいほうから逃げていくということは簡単。

だけれど、あえて苦しい選択を選択し、つき進むことはできないもの。

その選択の果てに得るモノは大きいだろう。

目指せ、苦しい道。

苦しい道で楽しみをみつけだすのだ